頑固な便秘もなんのその!スパッと出し切る便秘解消方法

頑固な便秘もなんのその!スパッと出し切る便秘解消方法

便秘体質の人は、便がなかなか出にくいがために力みすぎて、かえって脱腸や切れ痔などの問題を起こしてしまうことがあります。一方毎日快便の人の場合は、無理な力を入れなくてもするっと出し切ることができます。この違いはどこから来るのでしょうか。

 

3日以上排便が無い状態を頑固な便秘と暫定的に考えてみましょう。排便が滞ると、腸内で便から更に水分が吸収されてしまい、硬い便になります。その結果排泄に支障が出てくるのです。この状態を改善するには、なんといっても食物繊維を多く摂ることです。日本肥満学会が推奨するのは、1日350g以上の野菜を摂ることです。他の食材と違いカロリーが低いので、野菜はとればとるほど良いとまず覚えて下さい。

 

食物繊維には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類があります。前者は野菜・海藻・きのこから得られ、腸内でゲル状になって便を包み、後方に押しやる働きをします。後者は穀物・豆類から得られ、便のかさを増して大腸を刺激し、蠕動運動を促します。そのため便秘解消方法はまず、食物繊維の働きを理解して沢山摂取することが必要になります。今日では糖質制限のためご飯(米)を食べないまたは減らすという人がいますが、この場合前述の不溶性食物繊維が不足し、大腸の蠕動運動が起きにくくなってしまいます。蠕動運動とは便意を催すということであり、この運動が阻害されてしまっては便を出し切ることが難しくなります。

 

また食物繊維は腸内でいわゆる善玉菌の餌になります。その結果、腸内環境が善玉菌優勢になり、腸内をきれいにすることが出来ます。反対に悪玉菌優勢になってしまうと便の嫌気醗酵が起こってしまい、有毒物質やガスを発生させ、それが腸から吸収されて身体を巡りますので、健康上の問題が引き起こされます。大腸がんの原因になることすらありますので、たかだか便秘と見くびらず、その体質を改善して行くことが必要です。

 

とはいえ一人暮らしだったり不規則な食事の多い人には野菜を沢山食べることが難しいという場合があると考えられます。その場合は青汁などを有効利用して、野菜不足を補うようにします。