女性の悩み:便秘の原因

女性の悩み:便秘の原因

便秘は腸の蠕動運動と水分のバランスが崩れ、排便時に直腸と肛門の反射がうまく協調しないために起こります。
このメカニズムが崩れる原因は複数あります。
まず大腸の腫瘍、癒着、外からの圧迫によって便やガスの通過が妨げられる場合が挙げられます。
この場合、大腸がんや子宮・卵巣腫瘍などによることが多く、便秘が慢性化し、徐々に悪化する傾向が認められます。
大腸がんでは便に血が付着するケースもあります。
次に、大腸の蠕動運動が弱まったり、余計な収縮が起こって便の流れが滞ってしまう場合です。
これは過敏性腸症候群によるものが最も多く見られます。
他には、糖尿病や甲状腺機能低下症などでも大腸の運動や緊張が低下する場合もあります。
過敏性腸症候群は自律神経の緊張異常を起こしてしまい、S字結腸に強い収縮を生じて便秘の症状が現れます。
反対に下痢の症状を引き起こすこともあります。
最後は、直腸まで便がたまっているのに、排便反射が起こらない場合です。
習慣的に浣腸を行ったり、直腸や肛門に病気がある人や高齢者に多く認められます。
脳及び脊髄腫瘍やパーキンソン病など神経系の病気が原因になることもあります。
また、病気が直接の原因でなくても起こる便秘もあります。
薬剤の使用による便秘では、制酸剤、抗生物質、咳止め薬、抗けいれん薬、抗うつ薬、利尿薬、バリウム造影剤などの使用で便秘が起こる場合があります。
食生活の影響では、消化しやすく、食物残渣の少ないものばかり食べている人に起こりやすい傾向があります。

意外に思われますが、コーヒーの飲みすぎや渋みやあくの強い食品を多く摂っている食生活も原因になりえます。
摂取する飲料すなわち水分が少ない場合でも、便が硬くなりすぎてしまい、便秘になってしまいます。
生活環境によって便秘になってしまうケースもあります。
例えば、旅行や睡眠不足、精神的な緊張によって誘発される場合があります。
一日中病床に伏せっていることもよくありません。