便秘と乳酸菌

便秘と乳酸菌

便秘の原因は様々なことが挙げられますが、中でも多いのが食物繊維不足などによって腸内環境が悪化していることによって起こるタイプのものが最も多いと考えられています。
便秘を改善するためには、腸内環境を良くしていくことが必要です。
腸内環境を改善するのに役立つ食べ物として代表的なのが乳酸菌を含んでいるヨーグルトや漬物などの発酵食品になります。
発酵食品は乳酸菌などを利用して発酵させている食品なので、効率的に体内に摂取することができます。
乳酸菌は腸内ではブドウ糖や乳糖を分解して乳酸を生成しています。この乳酸が大腸を刺激してぜん動運動を活発にすることによって便秘を解消することにつながります。
また、乳酸が生成されることによって腸内を酸性に保つことで、便秘の原因になる悪玉菌の増加を抑制します。
このような働きがあることから、便秘以外にも軟便や整腸などに乳酸菌が役立ちます。
もともと乳酸菌は人間の腸内にいるものですが、加齢によって少なくなっていきます。その他め増やすためには体の外側から補っていく必要があります。
ほとんどの場合ヨーグルトや漬物にから摂取した乳酸菌は胃液などによって死滅してしまいます。死んだものでも腸内の善玉菌のエサとなって増やす効果がありますが、効果はあまりないとされています。
効率的に便秘を改善したい場合には、しっかり腸内まで死なずに届く乳酸菌が配合されたヨーグルトやサプリメントなどを選ぶことがオススメです。
ヨーグルトなどは便秘を改善するのに役立つ食べ物ですが、それだけ食べていてもあまり効果はないとされています。
効果を発揮するためには、善玉菌のエサとなるオリゴ糖を含んだハチミツや果糖の含んだ果物と組み合わせるなどの工夫が必要です。食べ過ぎは体を冷やしてしまうため注意が必要です。
また、バランスよく食事をしたり、運動をする、ストレスを発散させるなどのことを行うことでより高い改善効果を得ることができるようになります。